Only One Macintosh ! Mac“の” Mod & Customize & Accessory…etc.


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Power Mac G5 Cube“MODOKI”

2003年12月1日
01.jpg


Power Mac G5 のデザインでCubeにしたいなぁー何て考え、
筐体をば作ろうなんて始めてみました。
まずはCubeの採寸から…
ハイトゲージで寸法を測り始めました。

この先どう料理して行くか・・楽しみだね。

※ ん?何故筐体を作るのかって?
だってさ、周りから買っちゃったコールはあるのに、
私はG5買えないんだも~ん・・(;_;)
それにさ、そんな悶々としている中、こんな物が発売されるらしいし、
刺激されちゃったんだね。

2003年12月3日
02.jpg
まずは筐体になる壁面の材料取り、材質はABS樹脂板です。
実際のCubeよりも少しだけ縦長にしました。

03.jpg
縦長になった余分なスペースに、
何かと不便な取り回しになるUSBハブを付けたいと思います。
実際USBの接続をする時って、Cubeを気を遣いながら横に寝かせて
不便だったでしょ。だからね。
薄型の4連のハブを購入。これを使います。

04.jpg
切り出した部品を接着し組み立てた所。
現Cubeよりも一周り小さくなった大きさです。

05.jpg
中にシールドを設ける為と、強度補強に薄い板を輪郭に接着していきます。
貼り終わり、中の凹になる部分には0.3ミリ厚ぐらいのアルミ板を貼り
シールドにする予定です。

06_20080309094843.jpg
こんな感じに正面の板が接着されるのですが、
ここはそれ、G5もどきだからメッシュの穴が空きます。
位置を書いたりスロットローディングの穴がきたり、
はたまたUSBハブの穴がきたりで、表面を傷つけない為、
接着は加工が全て済んでからになります。
この時点での大きさは、高さ193ミリ×幅179ミリ×183ミリ

明日は把手を付けたり、メッシュの加工や、USBハブの取付けをしたいね。

2003年12月4日
07.jpg
下の余分なスペースの部分にUSBハブをビルトイン。
写真は底側から見た状態です。
実際は正面下の部分に横一列に4連のUSBハブが出来上がる予定。

08.jpg
Cube本体を入れてみたところ(逆さまだが)
筐体正面の加工をする、スロットローディング穴やUSBハブ穴、その他には起動スイッチなんかの加工と、表面のメッシュ加工をする予定です。

明日は正面の加工や把手です。

2003年12月6日
09.jpg
筐体正面、表面にG5の象徴でもあるアルミメッシュの穴を空けます。
最初は裏面にケガイて穴を空けようと思っていましたが、思いのほか沢山あって、急きょアルミメッシュ板を表面にあて、ガイドにして穴を空ける事に。
太さ2.9ミリの穴は物凄い数・・気が遠くなります。

10.jpg
必死の思いで出来上がった正面板。
スゲー写真で見るとまるでアルミメッシュだ。

11.jpg
先日作った筐体後ろ側と合体、接着。
自画自賛だけど、凄い良い感じかも・・

12.jpg
把手の部分に取り掛かる。
アールに曲げて使わなくちゃいけないので、熱を掛けて曲げるのは面倒なので、厚み1.5ミリ厚のABS板を2枚曲げながら張り合わせる事にします。そうしないと板に戻ろうと時間が経つと変形しちゃうからね。

13.jpg
筐体幅と同じガイドを作り(定盤にVブロックを接着)、
この幅の中で曲げながら張り合わせて行きます。

2003年12月7日
14_20080309101222.jpg
曲げ上がった、脚部分のパーツ
ざっくりと切断し、仕上げてから接着します。

15.jpg
筐体本体に仕上がった脚を接着
それらしくなってきたかな・・

16.jpg
横側からも、うんうん、それっぽい。

17.jpg
良い感じだ~、あと1セット作って上側も頑張ろう。

18.jpg
もう一セット、曲げ上がった、把手部分のパーツ
脚部分と同じ寸法の物です。

19.jpg
把手を接着して接着面を仕上げます。
どこから見てもG5・・
高さ259ミリ×幅179ミリ×奥行き183ミリ

この後は起動スイッチの透明パーツと
USBハブのカバーだとか、細かい所を仕上げて
塗装だね、あと一息だ!

20.jpg
USBカバーを作る。
底面だから良いと言えば良いんだけど・・
やはりカッコ悪いかなとカバーを作りました。

21.jpg
本体にUSBハブをセットして
ここに先程のカバーを被せます。

22.jpg
カバーは正面側が引っ掛かるようになっているので、
ビス2本で固定するようにしました。
余分なハブのケーブルをこの中に収納。

23.jpg
アルミ風の少しパウダーの荒いシルバーを塗装。
質感もこれでG5・・

24_20080309101818.jpg
まだ取りついた所をお見せしてなかったよね。
裏面からの見たところです。

この後は起動スイッチの透明パーツだけだ
ん、サイドのAppleマークも入れようか・・
あと一息だ!

2003年12月8日
25.jpg
起動スイッチ部分を作る。
透明アクリルを板のままだと味気ないので、表面を少しラウンドにしました。
透明パーツそのままだとCubeの臓物がそのまま見えてしまうので、
裏側に乳白の薄いアクリル板を入れようと思います。
乳白アクリルだから起動時のライトも透過すると思います。

26.jpg
こんなマークがついてるよね?
透明パーツに裏側から彫刻を入れてみました。

27.jpg
筐体に組み入れたところ。
この部分だけだと本物みたいだよね。ありそうだよね。

あとはサイドのAppleマークだけだ・・
もう一つあるのかな?
対流する空気の流れをどうするかだね。
グラフィックカードやCPUをアップグレードしてファンが付いてる人は良いんだろうけど、私のはノーマルそのものだから、何かしなきゃね。 自然対流で回り灯籠のように流れているだけだから、極々僅かにでも空気が流れればそれでOKなんだろうね。
これは様子を見ながら静かな小さいファンでも付けるかね・・

2003年12月13日
28.jpg
サイドのAppleロゴの彩色。
マスキングテープを切り抜き、少し濃いめのシルバーで塗装しました。
がはは、そっくりでしょう!

29.jpg
組み上げてすべて完成。
スイッチ部の光の透過性も抜群だね。

30.jpg
どう見てもミニG5だよね。

31.jpg
文句の無い出来かな・
楽しんで頂けましたか?



2004年4月24日

Power Mac G5 Cube“MODOKI” Medium Size

少し変更、元々のCubeより少し背が高くなってしまった「Cube G5もどき」を、背丈を低くしたいと考えました。 一度出来上がってしまった物を改造するのは色々面倒なんだけど、作り直す程の労力は無いので頑張ってみようかな、どうせだからディテールも少し弄ってみよう。

last_8.jpg
いったん塗装を落とし、底の部分に吸気口を設けました。
これで少し冷却にも貢献出来そうだ。

last_9.jpg
脚の部分を一度外し、約10ミリカット、このままでも良いんだけど…、
側面から見た時に少しボッテリ感があるので、USBハブの後ろ側を切取りました。

last_5.jpg
上側の把手も外し、下側でボディーを少し食い込んで削った分を、
一段1.5ミリほど段を付けたいと思います。

last_6.jpg
この部分の厚みは3ミリだから切取り1.5ミリの板を貼り直せばOK。
ドリルで穴をあけて、あとは鋸で切り取ります。

last_7.jpg
こんな感じに穴があきました。
同じ形に1.5ミリあつのABS板を切取り接着します。
そして底同様に低くした把手を今一度接着します。

last_11.jpg
これで高さも低くなった。

last_10.jpg
面積的にもこれだけ小さい。

W 180mm × H 240mm × D 184mm




テーマ:Mac Mod - ジャンル:趣味・実用





初めまして。
Macの購入を考えていろいろ見てるうちにココに来ました。
ホンットにすごいです!!Macで背の低いタイプないかなって思ってた自分にとってこれは感動しました。
作業工程を見てるとサクサク作ってるように見えるんですけどものすごい大変なんですよね。
こんなケース売ってたら即買いですよ!!
商品化の予定はないんですか?笑
【2008/10/22 05:42】 URL | よし #gi6930lE[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

© 2017 Mac Mod Lab. / Hanabusa & Hideo Takano / マックモッズラボ
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。